家系を辿ると、約二百年ほど前から 代々大工家業を営んでいます。 伝統的な技を継承し、その時代の棟梁としての名に恥じぬ 心と技の鍛錬に、日々精進しております。 例えば昔は当たり前だった墨付けができない職人が多い中 私どもは着実に技術の習得を行っております。 それは、木を扱う者としての心意気を 大切にしたいからです。

二百年大工-里山建築について

里山建築について

里山建築は、1805年に里山作太郎よりはじまった大工家業です。
現在は大棟梁・里山一郎のもと、代表兼棟梁を長男・達成が担い、次男賢太がディレクターとしてお客様の空間づくりをお手伝いしています。
代々、里山建築は、職人の家系ではありながらも社交性豊かで明るく、住まいの相談役として親しまれ、長らく多くのファンに支えて頂いてまいりました。
一家相伝の卓越した技の継承しつつ、常に先を見る目を持ち、時代に合った細かなニュアンスをカタチにできる数少ない建築屋だと自負しております。近年では、兄弟で「文吾堂」として、土地や住まい・インテリアも含めた建築コンサルタントとしても活動しており、さまざまなご要望にお応えしております。

ご紹介

里山一郎
里山 一郎大棟梁

1947年 長崎県波佐見生まれ
名工と呼ばれた父、文吾のもと大工職人としてのキャリアをスタート。
2級建築士取得/1級技能士取得。
現場の棟梁として住宅から寺社仏閣と様々な建築に携わる。

趣味 磯釣り・詩吟

里山達成
里山 達成棟梁

1975年 長崎県波佐見生まれ
父、一郎のもと大工職人としてのキャリアをスタート。
2級建築士取得。
2007年より自然環境と暮らしを考える「エコハウス」プロジェクトを設立するほか、現場仕事のかたわら、文吾堂の代表も務める。

趣味 ランニング

里山達成
里山 賢太ディレクター

1977年 長崎県波佐見生まれ
佐世保工業建築課を卒業後、大手住宅メーカーへ入社。2006年に約10年のキャリアを経て自分らしい建築と向き合う決意と家業を継ぐべく帰郷し、里山建築へ。兄と共に建築コンサルタント「文吾堂」としても活動中。

ブログ「里山建築 日誌」

趣味 釣りと音楽とお茶

アクセス

大きな地図で見る

里山建築

長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷725-3
TEL 0956-85-4851 FAX 0956-85-4922
info@satoyama-kenchiku.com